紫外線吸収剤の不使用とコーティングが鍵! 紫外線を浴びたくないけれど、肌がかぶれてしまって、日焼け...

肌荒れしない日焼け止めを見分けるためのコツ

紫外線吸収剤の不使用とコーティングが鍵!
紫外線を浴びたくないけれど、肌がかぶれてしまって、日焼け止めをどうしても塗る事ができない、そんなお悩みはありませんか?帽子やサングラス、首周りにスカーフもいいですが、蒸し暑い無い、すべてをとって光を浴びたい!ですよね。そのためにも、お肌にやさしい、低刺激な日焼け止めをつかいましょう。

紫外線吸収剤を使用していないものを選びましょう。どうしても刺激が強く、肌が荒れやすくなります。ポリマーや石油由来の防腐剤など、化学成分は肌に刺激を与えます。天然由来の成分を選びましょう。

日焼け止めに含まれている、酸化鉄・酸化亜鉛の成分を、コーティングしているものを選びましょう。酸化鉄などは、活性酸素を放出するので、肌を酸化させてしまいます。上記のポイントをふまえた日焼け止めはあります!ランキング形式でご紹介していますので、ぜひ使ってみてください。肌への優しさを実感できますよ!